×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

合成エンジンによる声質の違い

宮坂ミトの声をさまざまなエンジンで合成してみました。
使用USTの音域はD3〜G4です。

音声の評価を簡単に記しております。
なお、使用USTなど、環境によって結果も変わり得ますので、参考程度にご覧いただければと思います。

合成環境

resampler


標準エンジン。高音部のハリは一番あると思います。低音部の声が太くなりがちです。

fresamp14


resamplerと近い出音ですが、高音部は少しまろやかで特徴的。低音部に難があります。

TIPS


低音部が安定しており、綺麗に出ます。高音部は柔らかくなります。

tn_fnds(Ver. 0.0.9)


ノイズの乗る部分があります。音の途切れるような箇所があります。

bkh01(Ver. 0.55)


機械的な音声になります。子音がつぶれます。

VS4U(Ver. 1.11)


低音部が比較的安定しています。一部、声にノイズが乗ります。

WARP


低音部、高音部ともにまずまず安定しています。高音部は柔らかくなります。子音に特徴があります。

トップへ戻る